baner baner baner

是は是、否は否津山新星会議

津山新星会議 とは

平成11年津山市議会議員選挙で初当選した新人議員のうち、「これからの津山市を真剣に考え、市民の側に立った行政のまちにしたい」、そんな思いを持つ7人が結束した、 今までの惰性や慣習にとらわれない、強い意志を持つ津山市議会最大会派(当時)でした。その後メンバー構成に何度かの変更があるも、「是は是、否は否」を貫く強い意志を持つ議員の会派でありました。

会派結成当時より一貫して、より強く、より広く活動できる道を求め続けていた私たちは、平成29年の会派再構成において新たに結成された保守系会派「津山自由民主倶楽部」の構成員となる道を選び、市議会会派としての津山新星会議は18年の歴史に幕を下ろしました。

津山新星会議設立当時からのメンバーである竹内邦彦議員と吉田耕造議員の両名は、結成当時の「志」そのままに、誇りある津山新星会議の名前を深く胸に刻んで活動を続けます。また、両名の活動を皆様にお伝えするため、津山新星会議のホームページはこれまで通り存続いたします。

私たちは可能な限り市民の皆様の声を聞き、話し合い、そして議会に臨みます。


お世話になっています ― 議会運営事務局 ―

急な要望、無理な注文にいやな顔も・・・? とにかく彼らなくしては議会そのものが成り立たず、ある意味津山を支えている顔ぶれです。 その情熱は私たちに勝るとも劣らないものがあり、ともに「まちづくり」を進める心強い仲間です。 昨年度同様、今期も無理難題を吹っかけると思いますが、なにとぞよろしく、よろしくお願いします。

議会運営事務局メンバー
議会運営事務局メンバー