baner baner baner

吉田耕造 − 五期目にかける情熱

吉田耕造

地域ブランドとコンパクトシティー

自治体の存続までもが問われる人口減少時代に入った今、これからもずっと津山が津山であり続けるために「地域ブランドの育成」、 そして「コンパクトシティー」をテーマとして、最大限の努力をいたしてまいりたいと考えています。

津山市が他の地域に対して誇れるもの、特産品や産業システム、観光資源、人材など、多くの優れたものを持ちながら、 地域ブランドの発信が十分に行われてきたとは言えません。 私は、眠れる津山の宝を掘り起こし、守り、育て、可能な限り全国レベルでの発信を行います。

そして分散してしまった都市機能を、もう一度中心部に集約することを提案しています。 公共住宅、医療、福祉施設をまちなかに整備し、まちなか居住で地域の活性化を図ります。

コンパクトシティ構想を実現させる原資こそが、「地域ブランド」です。 安定した健全な経済活動があってこそ実現できるコンパクトシティ。その実現のために、私は津山の営業マンになります。

こうぞうの活動報告

12月議会を終えて

12月議会で、私は工業団地、教育、そして旧焼却場の工事請負変更契約(議案第76号)について質問をいたしました。
この三つを通して言いたかったことは、それぞれ行政側の専門家としての誇りを持って取り組んでいるのか、将来を見越してベストを尽くしたのか、ということです。

たとえば工業団地、
「奨励金出しますよ」、「利子助成金制度もありますよ」、「固定資産税も優遇しますよ」
はたして、これだけで良いのでしょうか。

blank記事の続きを見る

本会議最終日」

議案会第2号「米軍単独訓練の受け入れ賛成を早期に求める決議」を提出者 中島議員、賛成者 津本辰巳議員、松本議員、政岡議員で議長に提出し議案会で採決を行いましたが。賛成者少数で否決されました。

写真:賛成討論中の竹内邦彦議員

blank

総務文教委員会P2

総務文教委員会の報告。米単独訓練の視察について、
東広島市(原村演習場)に海兵隊の訓練を見て
日本原の可否を決める。
それも、本年度中に(H30-3月末)。
現市長の任期は2月まで、
なんで決めない、何を恐れている。
無策の策では、、、。

blank

総務文教委員会P1

第5・6次補正予算の審議終わりました。執行部からの報告事項で西部エリア幼稚園・公民館の完成予想図と進入路の説明です。私達が心配してた国道179からの進入路確保は難しそうです。間違いなく、適地ではないと現在も思っています。

blank

12月議会

12月議会一般質問終了しました。

blank