baner baner baner

吉田耕造 − 五期目にかける情熱

吉田耕造

地域ブランドとコンパクトシティー

自治体の存続までもが問われる人口減少時代に入った今、これからもずっと津山が津山であり続けるために「地域ブランドの育成」、 そして「コンパクトシティー」をテーマとして、最大限の努力をいたしてまいりたいと考えています。

津山市が他の地域に対して誇れるもの、特産品や産業システム、観光資源、人材など、多くの優れたものを持ちながら、 地域ブランドの発信が十分に行われてきたとは言えません。 私は、眠れる津山の宝を掘り起こし、守り、育て、可能な限り全国レベルでの発信を行います。

そして分散してしまった都市機能を、もう一度中心部に集約することを提案しています。 公共住宅、医療、福祉施設をまちなかに整備し、まちなか居住で地域の活性化を図ります。

コンパクトシティ構想を実現させる原資こそが、「地域ブランド」です。 安定した健全な経済活動があってこそ実現できるコンパクトシティ。その実現のために、私は津山の営業マンになります。

こうぞうの活動報告

平成30年3月議会に寄せて

「ゴトン」と音がして、車輪がレールに戻った、そんな感じがした新市長誕生でした。
さて、3月議会は代表者質問です。所属会派である津山自由民主倶楽部を代表し、1日目1番で谷口市長に質問いたしました。新市長にとって初議会の初質問、そこに立たせていただき、まことに光栄です。

質問の内容は、公約の再確認やそのスケジュール、具体的手法の説明をいただくにとどまりますが、なによりも何代にも亘ってレールから外れていた車輪が戻されたことに喜びを禁じ得ません。

blank記事の続きを見る

12月議会を終えて

12月議会で、私は工業団地、教育、そして旧焼却場の工事請負変更契約(議案第76号)について質問をいたしました。
この三つを通して言いたかったことは、それぞれ行政側の専門家としての誇りを持って取り組んでいるのか、将来を見越してベストを尽くしたのか、ということです。

たとえば工業団地、
「奨励金出しますよ」、「利子助成金制度もありますよ」、「固定資産税も優遇しますよ」
はたして、これだけで良いのでしょうか。

blank記事の続きを見る

9月議会に寄せて

唐突ですが、Ruby会議をご存知でしょうか。プログラミング言語であるRubyに関する年次イベントで、以前は毎回東京で開催されていましたが、2016年は京都、2017年は広島(9月18〜20日開催)での開催となっています。開催地区選定条件の一つに「旨い食べ物、旨い酒」とあり、括弧付きで「とても重要」と書かれているように、決して小難しく堅苦しいイベントではありません。未来を担う若者たちが国内外から集まり、ワイワイと開催地を楽しみながら行うイベントです。1000人程度が入れるホールがあれば開催可能とのこと、文化センター改修のこけら落としに検討する価値はあると思います。

ちなみに、昨年の京都開催では「交通費まで含めると数億円の経済効果があった」とも言われています。

blank記事の続きを見る

平成29年6月議会に寄せて

発言中の吉田議員

「地方創生」、これは第2次安倍政権で掲げられた政策で、地方の人口減少に歯止めをかけ、日本全体の活力を上げることを目的とした政策です。そしてこの「地方創生」という言葉は日本全国津々浦々の自治体で盛んに使われている言葉です。

しかし、ただ言葉だけが浸透しているというのが、大部分の自治体の実情ではないでしょうか。「政策用語」として知っている、もちろん意味も知っている、では具体的に何をすれば良いのか‥で、行き着く先はコンサルに丸投げ。コンサルは国のガイドラインに沿ったストーリーを描き、枝葉の部分だけを修正加筆、あるいは他都市の成功例をミックスさせて、「御市のために作りました」と持ってくる。そんな風景が日本中で見られると。

それは横並びで緩やかに消滅へと向かう地方自治体の姿です。

blank記事の続きを見る

平成29年3月議会を終えて

津山市は今何処にいて、これから何処へ行くのか。10万人の市民をどこへ連れて行こうというのか。

冒頭から抽象的な表現で申し訳ありません。しかしながら、津山市の現状を見る限り、そう思わずにはいられないのです。

私は3月議会で、「施政方針に機構改革と積極的な省庁派遣に触れていないことに対し、一抹の不安を感じる」と発言いたしました。詳しくはYouTubeの津山市議会本会議録画中継でご確認ください。※(10分35秒あたり)

津山市は約10万人の人口を擁する一地方都市であり、岡山県に属しています。また、日本という国の傘の下にあります。この組織の中にあるからこそ、自治体として成り立っているのです。長の考えだけで方向を決める独立国家ではありません。

blank記事の続きを見る