baner baner baner

吉田耕造 − 五期目にかける情熱

吉田耕造

地域ブランドとコンパクトシティー

自治体の存続までもが問われる人口減少時代に入った今、これからもずっと津山が津山であり続けるために「地域ブランドの育成」、 そして「コンパクトシティー」をテーマとして、最大限の努力をいたしてまいりたいと考えています。

津山市が他の地域に対して誇れるもの、特産品や産業システム、観光資源、人材など、多くの優れたものを持ちながら、 地域ブランドの発信が十分に行われてきたとは言えません。 私は、眠れる津山の宝を掘り起こし、守り、育て、可能な限り全国レベルでの発信を行います。

そして分散してしまった都市機能を、もう一度中心部に集約することを提案しています。 公共住宅、医療、福祉施設をまちなかに整備し、まちなか居住で地域の活性化を図ります。

コンパクトシティ構想を実現させる原資こそが、「地域ブランド」です。 安定した健全な経済活動があってこそ実現できるコンパクトシティ。その実現のために、私は津山の営業マンになります。

こうぞうの活動報告

平成19年3月議会

市政方針について
「しあわせ大国つやま」とは、総合計画の五つのまちづくり大綱(子育て支援と健康・福祉の充実、人づくりと文化の振興、産業振興と雇用の創出、美しい自然と快適空間の形成、安全な暮らしと都市基盤の整備)を総括した、桑山市長のキャッチコピーです。

「しあわせ大国つやま」の具体的な実現方法や予算などを質問いたしました。

blank記事の続きを見る

二期目 : comments (x)

平成18年12月議会

街づくり行政について
大型商業施設出店や改正中心市街地活性化法について、また、中心市街地の再活性化、企業誘致について質問しました。

blank記事の続きを見る

二期目 : comments (x)

平成18年9月議会

行財政改革について
少子化、さらには流出による人口減少、しかも超高齢化の社会は加速度的に進んでいます。これは避けようのない事実です。10年後の町内を考えてください。いったい何人がいなくなって、いったい何人が生まれるのか。

この事実に対応できる街づくりは、社会資本の整備された街なかへの回帰、コンパクトシティーしかないのです。人口減で売上が落ちればさっさと撤退してしまう大型ショッピングセンターを誘致している場合ではないのです。撤退した後の巨大な瓦礫を郊外に抱えている自治体が現実にあるのです。

blank記事の続きを見る

二期目 : comments (x)

平成18年6月議会

リコールによる市長選で当選した桑山新市長、初の市議会です。

「津山市行財政改革集中プラン」について
総合計画の基本計画は市長ヒヤリングを終え、6月末に総合計画審議会に諮問される予定と聞いております。
今議会の質問は、市長の政策理念である「市民の信頼を得る、情報公開と市民的視点で考える市政」を念頭に、「津山市行財政改革集中プラン」について市民的視点で、市長そして担当部長への質問を行いました。

blank記事の続きを見る

二期目 : comments (x)

平成18年3月議会

この3月議会、市長リコールが成立し、市長不在の市議会です。
私は議員生活で始めて質問に立ちませんでした。

blank記事の続きを見る

二期目 : comments (x)