baner baner baner

竹内邦彦 − 正直に、まっすぐに

竹内邦彦

ネクストステージへ

新たなビジョンを持って、津山市は次のステージに進まなければなりません。ほころびたところを繕うだけでない、全く新しいステージです。

津山市の今日の状況は、早期に解決しなければならない問題が山積しており、議会に付託された責任は大変に重く、先送りにできないことばかりであります。

私はこれまでの4期の経験と実績をもとに、今後津山市が一瞬たりとも停滞することなく、常に前進・発展するよう、 また、次世代に自信と誇りを持ってこの津山市を渡せるよう、正直に、まっすぐに、前向きな考えで、政治というものをとらえ、提案してまいります。

それが市民の「負託に応える」ということだと考えています。

竹内邦彦の活動報告

平成26年9月定例会議を振り返って

前会の6月議会では、「観光施策を充実させ、交流人口の増加を図ってみてはどうか」という提案をいたしました。そしてこの度の9月議会では、「子育て支援や定住推進室の充実を図り、定住人口の増加を図れないか」と質問を行いました。どちらも人が行き来し、住んでいただいて人が増えることを願ってのことです。

それが地域の活性化に一番であることは周知の事実であり、行政がいかに特色を出して事業化できるかが、その地域が生き残っていくポイントだと思います。

blank記事の続きを見る

平成26年6月定例会議を振り返って

6月定例会において、市長の所信表明より、行財政改革・観光施策・教育関連等に関し、質問させていただきました。以下はその概要を報告させていただきます。

【質問】
行革によって得られた効果額を投資に集中させる考えはいかがでしょうか。

【答弁】
行革を進める中、時代に応じた事業を取捨選択し、市民がより必要としている事業に予算を振り分けることが、将来への投資と考えている。

blank記事の続きを見る

平成25年9月定例会議を振り返って

今定例会において、「市町村合併の功罪」という項目で質問を行いました。合併して8年が経過した津山市ですが、県北の雄都としての存在感は増したのか、「住んでよかった街、住みたい街」になったのか、市長、副市長に見解を求めました。

blank記事の続きを見る

平成25年6月定例会議を振り返って

この度の、6月定例会議においては、津山地域ブランドの利活用に関して、当局に質問いたしました。内容は津山新星会議 会派だよりに内容を掲載していますので、ここでは、5月臨時会、6月定例会議で起こった事柄について、私の考えを述べてみたいと思います。

まず、5月臨時会は議員4年の任期間に2回行われる議会構成がありました。ここで重要な事は、一番に誰が議長となり、その議長を推したのは、どの会派か、それらがいわゆる与党とみなされます。

blank記事の続きを見る

平成25年3月定例会議を振り返って

この度の議会は、市長の施政方針並びに当初予算を決定する議会であり、私達津山新星会議は、例年どおり代表質問で臨みました。今回は順番で私が質問者となり、市長の施政方針に関して質問を行ったところであります。質問やそれに対する答弁は、津山市ホームページより市議会の会議録を検索していただければ、幸いに存じます。

blank記事の続きを見る