baner baner baner

竹内邦彦 − 正直に、まっすぐに

竹内邦彦

ネクストステージへ

新たなビジョンを持って、津山市は次のステージに進まなければなりません。ほころびたところを繕うだけでない、全く新しいステージです。

津山市の今日の状況は、早期に解決しなければならない問題が山積しており、議会に付託された責任は大変に重く、先送りにできないことばかりであります。

私はこれまでの4期の経験と実績をもとに、今後津山市が一瞬たりとも停滞することなく、常に前進・発展するよう、 また、次世代に自信と誇りを持ってこの津山市を渡せるよう、正直に、まっすぐに、前向きな考えで、政治というものをとらえ、提案してまいります。

それが市民の「負託に応える」ということだと考えています。

竹内邦彦の活動報告

平成24年3月定例会議を振り返って

今議会は、平成24年度における市長の施政方針と当初予算を決める議会であり、例年通り代表質問と一般質問の併用で行われました。私達津山新星会議は市長の施政方針について、代表である近藤議員より質問を行いました。それゆえ、この度私は今議会及び今後の市政についての雑感を述べてみたいと考えます。

blank記事の続きを見る

平成23年12月議会を振り返って

今議会、私は津山の地域ブランド・安心安全のまちづくりの2項目に関して質問いたしました。
以下は質問と答弁を簡潔にまとめたものです。

【質問】
津山の地域ブランドになくてはならない、民間施設である「つやま自然のふしぎ館」は、現在、公益認定法人に移行中であり、館長の想いは将来津山市に無償譲渡したいという意向を示されています。この想いに津山市としてはどう応えられるおつもりか見解をお尋ねいたします。

blank記事の続きを見る

平成23年9月定例会議を振り返って

今議会は、6月議会で質問した、教科書採択に関してと安心安全のまちづくりから緊急医療体制について質問いたしました。また、暴力団排除条例についても質問しようとしましたが、多くの議員が質問されましたので省略いたしました。
以下は質問と答弁を簡潔にまとめたものです。

【質問】
津山地域の教科書採択(歴史・公民)結果は、日本文教出版と東京書籍になりました。教育長はこのたびの検定に通った歴史・公民教科書を前種類読み比べ学習指導要領に則った内容であったのか、ご自身で判断されましたか。その他各委員の方々もそうであったのか、お尋ねいたします。

blank記事の続きを見る

平成23年6月議会を振り返って

改選後初めての議会でありますが、予算案がないため、今後の津山市について議員それぞれの思いや考えを述べることが多い議会になりました。
私も、過去の議会で提案したことや、現在興味と関心を持っていることに関して、質問いたしました。
以下はその質問と答弁を簡潔にまとめたものです。

blank記事の続きを見る