baner baner baner

竹内邦彦 − 正直に、まっすぐに

竹内邦彦

ネクストステージへ

新たなビジョンを持って、津山市は次のステージに進まなければなりません。ほころびたところを繕うだけでない、全く新しいステージです。

津山市の今日の状況は、早期に解決しなければならない問題が山積しており、議会に付託された責任は大変に重く、先送りにできないことばかりであります。

私はこれまでの4期の経験と実績をもとに、今後津山市が一瞬たりとも停滞することなく、常に前進・発展するよう、 また、次世代に自信と誇りを持ってこの津山市を渡せるよう、正直に、まっすぐに、前向きな考えで、政治というものをとらえ、提案してまいります。

それが市民の「負託に応える」ということだと考えています。

竹内邦彦の活動報告

平成29年 9月定例会議を振り返って

現市長が6月議会で、
「来年2月に挙行される津山市長選挙に3選を目指し出馬する」
と、表明されました。私はそれを受け、今9月議会において過去7年半における市長の業績に関し質問を行いました。

以下は市長からの答弁内容です。


津山市土地開発公社の解散 時限措置であった三セク債の活用を図り、長年の課題であった公社の多額債務を整理し、本市の将来負担を軽減させることにより、財政健全化の道筋をつけました。
津山・産業流通センターの立地率を36.4%から72.4%に倍増させました。
津山圏域クリーンセンターを本格稼働させました。
こども医療費を中学校卒業時まで無料化しました。また第3子以降の保育料無料化しました。保育料無料化に伴う本市の今年度負担額は、1億1千万円を見込んでいます。
津山駅北口広場の整備とSL(C11-80号)を移設いたしました。これらの事業費は13億3千万円となっています。
教育関連においては、市内全小・中学校の耐震化を完了させ、今後は学習意欲と学力向上を図るためICT環境の整備を進めます。
その他、産業支援センターの開設や津山圏域定住自立圏の形成も上げられ、市政の安定と今後のまちづくりの土台も整いつつあると考えます。

blank記事の続きを見る