baner baner baner

竹内邦彦 − 正直に、まっすぐに

竹内邦彦

ネクストステージへ

新たなビジョンを持って、津山市は次のステージに進まなければなりません。ほころびたところを繕うだけでない、全く新しいステージです。

津山市の今日の状況は、早期に解決しなければならない問題が山積しており、議会に付託された責任は大変に重く、先送りにできないことばかりであります。

私はこれまでの4期の経験と実績をもとに、今後津山市が一瞬たりとも停滞することなく、常に前進・発展するよう、 また、次世代に自信と誇りを持ってこの津山市を渡せるよう、正直に、まっすぐに、前向きな考えで、政治というものをとらえ、提案してまいります。

それが市民の「負託に応える」ということだと考えています。

竹内邦彦の活動報告

平成29年 9月定例会議を振り返って

現市長が6月議会で、
「来年2月に挙行される津山市長選挙に3選を目指し出馬する」
と、表明されました。私はそれを受け、今9月議会において過去7年半における市長の業績に関し質問を行いました。

以下は市長からの答弁内容です。


津山市土地開発公社の解散 時限措置であった三セク債の活用を図り、長年の課題であった公社の多額債務を整理し、本市の将来負担を軽減させることにより、財政健全化の道筋をつけました。
津山・産業流通センターの立地率を36.4%から72.4%に倍増させました。
津山圏域クリーンセンターを本格稼働させました。
こども医療費を中学校卒業時まで無料化しました。また第3子以降の保育料無料化しました。保育料無料化に伴う本市の今年度負担額は、1億1千万円を見込んでいます。
津山駅北口広場の整備とSL(C11-80号)を移設いたしました。これらの事業費は13億3千万円となっています。
教育関連においては、市内全小・中学校の耐震化を完了させ、今後は学習意欲と学力向上を図るためICT環境の整備を進めます。
その他、産業支援センターの開設や津山圏域定住自立圏の形成も上げられ、市政の安定と今後のまちづくりの土台も整いつつあると考えます。

blank記事の続きを見る

平成29年3月議会を振り返って

私は津山市議会において監査役という役職を拝命している関係で、議会一般質問を控えています。しかし、今議会では会派代表として、「常任委員会委員長報告に対する討論」での、賛成・反対討論として発言を行いました。以下にその全文を掲載します。

議案第94号平成29年度津山市一般会計予算の 総務費、 一般管理費、 賃金の特別職給、3327万円について賛成・反対討論を行います。

3月13日に開催された、会派代表者会議において「債権管理室」に専任の特別理事を配置し業務遂行を図りたい旨の説明を受けた所であります。この人事案件は、市長専決案件であるため議会に諮ること、すなわち、議会の議決は不要であります。市長の一存、思いで選任できるわけであります。然しながら、なぜ今、この時期に専任の特別理事が必要なのかが疑問であります。全く市民目線からして理解不能です。未だに津山市は「債権管理条例」の整備が無い状態であります。

blank記事の続きを見る

平成28年を振り返っての雑感

今年を振り返っての雑感を述べてみたいと思います。

ことしは熊本地震で始まり、災害が少ないと言われていた当地域においても鳥取中部地震の影響を受けるなど、自然災害の驚異を強く感じられた年となりました。

これらの事を受け、市議会においての質問も災害対応や危機管理の在り方を行政執行部に問いただす議員の方が多かったように感じられました。その他には、ご他聞に漏れず地方都市が抱える、少子高齢化、人口減少問題がクローズアップされ、併せて今年が初年度となる第5次総合計画に関しての質問も多く見受けられました。

blank記事の続きを見る

平成27年 12月議会を振り返って

今定例会議で非常に心残りとなった案件があります。

その案件である、9月議会に提出されて継続審議となっていた請願第5号“「まちおこし」のためのスポーツ整備に関する請願”について、ご報告させていただきます。

この請願は城北地区の連合町内会、西苫田・東苫田・一宮・高田支部より提出されました

blank記事の続きを見る

平成27年6月定例会議を振り返って

市議会選挙後、初の定例会議が6月15日より開会されました。私はこの度、監査委員という役職を拝命し、そのために議会一般質問を控えることといたしました。

さて、選挙後の議会構成における流れは、多数派工作により、議長・副議長・各種委員長等は現議長派がほぼ占めたこととなりましたが、産業委員長を小椋議員が、監査委員を私が就任することとなり、我が会派にとっては、よい結果だったと思われます。

選考委員となった吉田議員の功績は大だったと感謝申し上げます。

blank記事の続きを見る